読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

家系

元・新潟県中之口村長、如澤氏からのプレゼント

あけましておめでとうございます。 もう松の内最後の日になってしまいましたね。 お正月気分ももう終わりです。 そんな中、きのう仕事から帰ってくると、ゆうメールが届いておりました。 差出人は如澤寛氏。 以下は、今までに如澤家について綴ったページです…

探し求めていたものが今ここに\(^o^)/

3週間前、妻の高祖母・湯谷まち(1879~1959)の実家である竹内家の子孫の方にお会いすることができました。 以前の記事 結局、竹内家が北海道釧路郡鳥取村に来る以前のことについては判明しませんでした。 釧路に来てからの、まちの父親である竹内惣次郎の除…

竹内家の子孫宅にお邪魔

今日は久々に家系に関係する行動を起こしました! 妻の父の母の母の母(高祖母)のさらに実家である竹内家。 ■竹内家についての以前の記事① ■竹内家についての以前の記事② 大正元(1912)年に私が知る上での最古のご先祖・竹内惣次郎が亡くなり、釧路市では除…

平野家のルーツを訪ねて②

出張2日目。この日は午後から虎ノ門で会議があるので、家系に関する動きはナシです。 午前中は、兼ねてから行きたかったお台場のMEGA WEBというトヨタのショールームへ。 子どもが一緒だったらなかなかのんびり廻ることができなかったので、いい機会です。 …

平野家のルーツを訪ねて①

私の母方は「平野」という姓でして、家系を調べ始めた5年半前に、除籍謄本によって初めて北海道入植以前の土地が判明した家でした。 現在は北海道オホーツク地方、斜里郡小清水町に居を構えて農家を営んでおりますが、そもそもの地は「東京府北豊島郡大泉村…

この家紋は・・・?

以前、宮城県の方から有り難くも地籍帳などの膨大な資料をいただいたのですが、未だに整理できないでいる私です。 その資料の中で、わざわざ蔵王町や岩沼市の墓地(妻の祖先)まで赴いてくださり、さらに写真を撮ってきてくださったものがありました。 私の…

奥田家からのご返事

先週、宮城の方よりいただいた資料を基に、まず1通お手紙を書きました。 母方の曾祖母のさらに母(高祖母)の実家である、東松島市矢本の奥田家です。 震災の影響も心配しておりましたが、本日無事にご返事をいただきました。 ところが、残念ながら書かれて…

女満別の太田家を訪問

先日の日曜日と月曜日、墓参り&親戚行脚に行ってきました。 まず弟子屈のいつものルート。現在曽祖父の墓守をしている祖父の弟(大正15年生まれ)のお宅と、父の長姉の家へ行き、じいちゃんばあちゃんのお墓参り。 さらに北上し、屈斜路の曽祖父の墓参り…

再び太田家に電話

昨日、祖母の実家である太田の本家に初めてコンタクトを試みまして、そこでもっと詳しいというお姉さんを紹介されました。 昨日はお留守だったので、今日再び電話をかけてみました。 その方は網走郡美幌町にお住まいで、父のイトコに当たります。 そこで、つ…

ついに太田家へコンタクト

家系を調査し始めて早5年が経過しました。 その間、近い家系や遠い家系合わせて63もの家系が判明しました。 戸籍謄本を取りまくり、土地台帳もある程度取得。さらにはさまざまな家に電話やお手紙で手がかりを求めてきました。 そんな中、非常に近い家系で…

福島県西白河郡【東村史】

ずいぶんと久しぶりの更新となってしまいました。 最近は「逆流性食道炎」という病気に悩まされておりまして、常に胸やけ状態で、非常に体調が悪い日々を過ごしています。 あんまり心配だったので胃カメラを鼻から入れてもらったりしましたが、食道炎以外は…

ひさびさに進展!

今年の夏、母の実家である平野家のルーツを探すため、 北海道移住前に住んでいた地・小榑村(現在の東京都練馬区西大泉)の日蓮宗のお寺にお手紙をしました。 しかし一向に連絡が来ず、諦めかけていました。 そんな中、今日そのお寺から電話をいただけたので…

やっぱりここから

家系探求を始めてこの4年間で、私の子どもたちに関わる60以上の家系を辿ってきているわけですが、 どうにもこうにももうこれ以上はわかんない!という場面に幾度となく遭遇してきました。 現地に行けさえすればまた違うんでしょうけれども、その想いが叶うの…

近藤家、最後の望み

いよいよ台風が釧路に迫ってきている! ニュース映像を見るにつけ、被害が最小限で済むように祈っているところです。 今回は避難勧告がたいへん多く出ていますね。 命に代わるものはありませんので、大袈裟なところもあるかもしれませんが正しい判断だったん…

くぅ~・・・残念!

本日コメントをいただきました「いちかわ」さん。お久しぶりです! 私がブログを開設してから、3年と3か月前に初めてコメントをいただいた方ですね。 そーですかぁ・・・。このような形でお役にたてているなんて、大変うれしいです。 台湾にも繋がりがあるな…

村史を貪る

この間、図書館の相互貸借で、曽祖母・菊地カツ(1895~1996)の実家である藤田家が明治20(1887)年まで居た福島県西白河郡東村(現在は白河市)の村史を上下巻借りて、貪り読んでおりました。 しかしながら、こういった地誌に祖先の名を見つけることは難しいも…

非常に頼もしい!

以前、妻の母の実家・森井家について何度か触れたのですが、森井家については母のいとこの方がずっと調べていらっしゃいます。 その方が作成した資料を伯父が持っていますので、それを基にいろいろ推察したりしていました。 いつかは、そのいとこの方にお会…

高祖父のさらに父の実家

私の血統を父の父の父・・・と6代遡ると、高祖父の父である菊地儀平(1844~1897)にあたります。 その儀平は、もともとは近藤家からの婿養子ですので、私の父系は、最終的には近藤という姓になります。 しかしながら、その重要な家である近藤家については、戸…

菊地の本家を探すために

先月、福島時代の菊地家の菩提寺にお手紙をしました。 3年前に矢祭を訪れた際、お世話になったお寺です。 お手紙には本家を探したい旨と、 北海道には移住した高祖父兄弟以降のお墓しかないので、 もしかしたら福島で無縁仏になってしまっているのではないか…

むつ市からの電話

以前、青森県むつ市の山田家の方にお手紙をした際、本家の方からご返信をいただけたことがありました。 その中で、妻の高祖父・山田菊松の実家の住所も教えていただいておりました。 でも住所だけ判っても、お名前が判らない(電話帳にもその住所は載ってな…

平野家についてじいちゃんから得られた情報

母の実家である小清水町の平野家には、年に2~3回訪れていますが、 家系の探求を始めてからは、じいちゃんやばあちゃんに言い伝えや本人の歴史などを積極的に聞いています。 ただ、じいちゃん(89歳)はすぐ戦争の話に持って行ってしまいますし、 ばあちゃん…

祖先の名前しか判っていない各家

これまで綴ってきた中で、戸籍謄本の中に現状「〇〇村△△入籍ス」という手がかりしかない家を列挙してみます。 あまりにも古い年代の祖先ばかりです。 中山家 【茨城県筑波郡上郷村→現:つくば市上郷】 中山与左エ門 (曽祖父・太田代次郎の母・せゐ(1851~192…

杉山家からのお手紙

先日、青森県むつ市の杉山家にお手紙をしました。 この杉山という家は、妻の高祖母の実家であります。 高祖母である山田をれ(1876~1938)は、当時の田名部町大字田名部字金谷で杉山治郎左衛門(1843~1911)の二女として出生。 その治郎左衛門というお名前から…

山田家からのお電話

こないだ山田家の新たな除籍謄本を取得でき、それによって高祖父の母・みゑが入っていた戸籍の世帯主である高祖父の一番下の兄弟にあたる異父弟の子孫の方が判明いたしました。 妻の父にその名を出してみると、かつてウチの山田家に近いところに住んでいたよ…

またまた戸籍謄本

第2子予定日まであと10日! しかし、それよりも前に生まれそうな兆候が出ており、おそらく来週中にも・・・といった予感でいっぱいの菊地家。 しかもそんな中で娘が高熱を出してしまい、もう菊地家エマージェンシー!といった様相です。 そんな状況だったの…

ひさびさに戸籍謄本

つい最近、戸籍謄本の保存年限が除籍後80年から150年になりましたね。 150年前といえば1861年、万延2年から文久に改元となった年です。 壬申戸籍も無い時代ですから、150年というのは今はあまり意味のない数字になります。 現状で取得可能である最古のものは…

貴重な情報をいただいて

先月末のことでした。 旦那さまのお母さんが落部村出身で旧姓「相木」の方であり、相木の系図をお持ちの方からご連絡をいただきました。 その方が古文書を読み解いて系図を送ってくださったのです。 拝見させていただくと大変な力作で、 古文書を読み解きな…

菊地の本家はあるのか?

現在、謎が多く残ったままの菊地家。 1913(大正2)年に屈斜路に入植する前は、現在の福島県東白川郡矢祭町に在りました。 手がかりを求め、かつて福島の矢祭を訪れた際の様子は、以前記しました。 しかしながら、6代前のご先祖さまの出自は釈然としないまま終…

湯谷家のルーツ【鳥取県鳥取市国府町荒舟】について

前回、「抱き茗荷」と家紋とする妻の曾祖母の実家・湯谷(ゆたに)家について書きましたが、 そのルーツの地となる荒舟(あらふね)について調べてみました。 ・・・というのも、このブログを通じて釧路市内の遠縁である方と連絡が取れまして、 そのご縁があ…

小榑村のこと

明日、釧路から2時間弱の小清水にある、 母の実家を尋ねようと思っています。 その家は、畑作と畜産の兼業農家を営んでいます。 同い年のいとこがサラリーマンを辞して跡をつぎまして、 農繁期のこの時期に行ってもいとことはなかなか会うことができないので…

森井という姓

私の妻の母は旧姓「森井」といいますが、それほど多い姓ではないようで、 全国的にみると一番多いのは大阪、続いて兵庫、三重、奈良などにも比較的多くいらっしゃるようです。 参考URL:http://www2.nipponsoft.co.jp/bldoko/index.asp(姓名分布&姓名ランキ…

相木家の手がかり!

私と妻の家系を調べ始めて、約3年。 始めるきっかけとなった長女も、ついにこの間3歳の誕生日を迎えました。 ここまで大きな病気も無く、毎日元気に笑って、走って、泣いて、踊っています。 そんな感慨深い出来事のあと、明日からタバコが値上げ・・・。 …

高祖父・儀三郎

最近、田無の方々のお心遣いでいろいろ判明してきた新倉家。 明治16(1883)年に田無で質屋を営む新倉治兵衛の次男・儀三郎(高祖父:1866~1939)は、16歳で3歳年上の小榑村・平野いちと婚姻。 翌年、平野家当主・丑松が隠居のため、儀三郎は17歳にして家督相続…

田無へコンタクト

前回3月に更新してから、早5ヶ月・・・。 その間いろいろなことがあり、すっかりまた更新が滞ってしまいました。 世間ではお盆ムードですね。 お墓参りの際、母方祖父に土産話を持っていこうと思いまして、母方祖先の地・田無へコンタクトをとってみました。…

戸籍謄本を眺めながら

戸籍謄本を眺めながら家系をさかのぼっていくと、いろいろな名前がでてきます。 大正くらいまでさかのぼると、ほとんどが会ったことの無い人の名前。 大半は文字のみの情報となり、これだけで人となりを想像していくしかありません。 そんな中、かつて気にな…

川上郡屈斜路村 菊地家跡地

今から97年前、大正2(1914)年3月。 まだまだ寒さも厳しい季節に、高祖父・菊地幸吉一家が磐城よりこの屈斜路原野に移住。 当時、御料地であったこの地で、 農業を営みながら、桶屋も兼ねていた高祖父・幸吉。 大柄な体躯を生かし、草相撲の名手であったと伝…

大蔵村からの手紙

今日、仕事を終えて帰ってくると、一通の封筒が届いておりました。 昨年10月に、妻の母方祖母の故郷・山形県最上郡大蔵村の4家へお手紙をさせていただいたのですが、そのうちの1軒の方でした。 それは、妻の母方曽祖父の母の実家・森家からのお手紙でありま…

越後国蒲原郡河間村【如澤家】②

先日の如澤家からのお便りによって、如澤家について知ることができた部分を端折って纏めてみたいと思います。 如澤家は、事情は判りませんが江戸時代に河間に移り、後に信州より長沼家(後に河間の大庄屋となる)を呼び寄せ、ともに河間を開発したと推測され…

如澤家からの手紙

最近のこのブログのメインとなっておりました母方祖母系統の新潟の皆川、小出、鹿嶋といった各家。 そのさらに昔のご先祖に如澤家があり、これまではほとんど何も情報が無かったのですが、思い切って先週の金曜日に新潟の如澤家にお手紙を出させていただきま…

越後国蒲原郡吉江村【鹿嶋家】②

引き続き新潟小出家のお手紙の内容ですが、今度は、母方祖母の祖父および祖母(高祖父母)の実家、鹿嶋家についてです。 鹿嶋家 http://dotouttan.hatenablog.com/entry/2008/05/20/225339 鹿嶋家については、あまりお手紙では触れられてはおりませんでした…

小出家②

先日の続きになりますが、小出家についてのことです。 お手紙の内容によりますと・・・、 資料はないものの、小出家は加賀前田家の流れを汲んでいるそうであります。 家紋も、「丸に梅鉢」ということで前田家の「加賀梅鉢」ではないものの、つながりは連想さ…

新潟市・小出家から返事が来た!

もう一年にもなりますが、昨秋、母方の祖母の母(私の曾祖母)の実家・小出家とコンタクトをとるべく、電話帳を基に祖母の従兄弟にあたる方にお手紙を出させていただきました。 小出家の項 http://dotouttan.hatenablog.com/entry/2008/05/23/235418 その数…

我が家の家紋について【近藤家②】

実は昨年、無理矢理0歳児の娘を伴って福島へとルーツ探しの旅に行ったときの話なのですが、 祖先の地である矢祭町を離れて、旅行の最後の宿泊地・会津若松市の旅館に居たときに、 矢祭町の近藤さんからお電話をいただきました。 近藤家 http://dotouttan.hat…

陸中国北九戸郡長興寺村【小野寺家】②

先日、fusuiさんより陸中国北九戸郡長興寺村【小野寺家】にコメントを頂きました。ありがとうございます♪ とても近い方のようです。せっかくですので少し小野寺家のことを掘り下げてみたいと思います。 私がわかる限りのこと+千葉家より伺った口伝+千葉家…

総本家からのお便り【山田家・畑中家・舘家】

昨年の夏、嫁の祖先が渡道する前に居た、青森県むつ市の山田家にお手紙をしました。 そして、秋口にご返事を頂きました。今回はそのお話です。 むつ市関根地区の山田家にひととおりアンケートを入れたお手紙を送らせて頂きましたが、 そのうちの1件の方がご…

岩手県九戸郡伊保内村【千葉家】②

このブログを始めて最も成果があったのが、嫁の曾祖母・山田ハルノ(1910~1939)の実家であります、千葉家の系譜です。 かつて千葉家について書かせていただいたところ、昨年末に北海道にいらっしゃる千葉さんという方からメールをいただきました。 「あな…

皆川家②

しばらく菊地家のことを書き綴ってきましたが、久しぶりに菊地家以外のことも掘り下げてみようと思います。 以前、書かせていただいた母方の祖母の実家・皆川家についてです。 http://dotouttan.hatenablog.com/entry/2008/05/16/230211 一部前回と内容が重…

家紋判明分

昨年まで全く家系に興味が無く、家紋すら知らなかった私ですが、この1年探求した結果、わかった家紋を羅列してみようと思います。 菊地家(私):丸に違い鷹の羽:福島県東白川郡東舘村→北海道川上郡屈斜路村 菊池家(私の7代前の祖先の実家):丸に並び鷹の…

遠い親戚からの吉報

昨日の朝、私の携帯が鳴ったので出てみると、矢祭町の方から、 「あんたの遠い親戚だよ」 との連絡がありました! 6月に、矢祭町のきくちさん宛てに9通の手紙を出したのですが、そのうちの一軒の方が姓の違う親戚に見せたようで、その親戚の方が連絡をくださ…

菊地家のご先祖をさがす手紙

兼ねてより考えていたことを実行しました。菊地家のルーツを探す手がかりを求めて、矢祭の菊地・菊池さんに手紙を出したのです。とても勇気が要りましたが・・・。 電話帳を元に、ご先祖が暮らしていた(と思われる)地域の方々を絞り、ここまでの説明と簡単…