読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

常陸国久慈郡外大野村【齊藤家】

今回は高祖母の母の実家、齊藤家です。 高祖母の母・石井ふゆ(1839~1909)は、天保10年に常陸国久慈郡外大野村(現:大子町外大野)の齊藤善治エ門の長女として誕生。安政4年に17歳で久慈郡小生瀬村の石井庄衛門(1837~1902)へ嫁ぎ、2男3女に恵まれます…

青森県下北郡関根村【舘家】

今回は嫁の高祖父の母の実家、舘家です。 高祖父の母・山田みゑ(1856~?)は本当の両親は不明ですが安政3年の生まれで、青森県下北郡関根村(現:むつ市関根)の舘半六の養女でありました。そこから同じ関根村の山田善四郎(1824~1897)の養子・山田由蔵…

磐城国白河郡蕪内村【岡部家】

今回は曾祖母の母方の祖母の実家、岡部家です。 曾祖母の祖母・藤田タツ(1846~1917)は、弘化3年に磐城国白河郡蕪内村(現:福島県白河市東蕪内)の岡部弥七の二女として誕生しました。その後同じ蕪内村新屋敷の藤田定左エ門の長男・藤田定蔵(1840~1903…

幕府領田無村【下田家】

今回は母方の高祖母の母の実家、下田家です。 高祖母の母・平野たつ(1819~1910)は、江戸時代より青梅街道の宿場町として栄えた幕府領田無村(現:東京都西東京市田無)の下田忠蔵の長女として文政2年に生まれました。年代不明ですが、小榑村(現:東京都…

陸前国名取郡志賀村【佐野家】

今回は嫁の祖母方の高祖母の父の実家、佐野家です。 高祖母の父・大久保末五郎(1830~1907)は、天保元年に陸前国名取郡志賀村(現:宮城県岩沼市志賀)の佐野直吉の五男として生まれ、同じ志賀村の大久保留治の娘・サノの婿養子として迎えられます。その後…

常陸国筑波郡牛縊村【砂山家】

今回は祖母方の高祖父の父の実家、砂山家です。 高祖父の父・太田勇一郎(1825~1903)は、文政5年に常陸国筑波郡牛縊村(現:茨城県つくば市上里)の砂山軍造の二男として生まれました。嘉永2年、23歳のときに同じ牛縊の太田勇右エ門の14歳の長女・きさ(18…

陸奥国北郡関根村?【畑中家】

今回は嫁の高祖父の父の実家、畑中家です。 この畑中家についてはほとんど何もわかっていないのですが、高祖父の父・山田由蔵(?~?)の実家です。由蔵は山田家の最古の戸籍、陸奥国北郡関根村(現:青森県むつ市関根)の養兄・山田留蔵(1868~1930)が戸…

磐城国白川郡関岡村【菊池家】

私の姓は菊地といいますが、元はといえば私からさかのぼること7代前の菊地家のご先祖さま・菊地儀右衛門(1810~1890)が菊地家の養子に入ったことによります。 養子に入る前の儀右衛門の姓は菊池といいます。文化7年に磐城国白川郡関岡村(現:福島県東白川…

山形県最上郡大蔵村【髙山家・國分家】

今回は嫁から見ると母→母→母(曾祖母)の実家、髙山家と、そのさらに母の実家、國分家です。 つい最近までご健在であった曾祖母・柿﨑サクヱ(1902~1997)は、明治35年に山形県最上郡大蔵村大字南山字平林の髙山市助(1862~1928)・フシノ(1864~1930)の…

陸中国北九戸郡長興寺村【小野寺家】

今回は嫁の曾祖母の祖母の実家、小野寺家です。 曾祖母の祖母・千葉ソヨ(1871~1949)は、明治4年に陸中国北九戸郡長興寺村の小野寺亀吉(1845~1920)・ハナ(1848~1920)の間に長女として生まれました。明治20年に16歳で同郷の千葉岩太郎に嫁ぎ、5男1女…

越後国蒲原郡河間村【如澤家】

今回は母方の祖母の曾祖母の実家、如澤家です。 あまりにも遠い血縁なのですが、祖母の曾祖母・鹿嶋モト(1843~1917)は、越後国蒲原郡河間村(現:新潟県新潟市西蒲区河間)の如澤兵右エ門・ヨイ夫妻の長女として生まれ、安政4年に14歳で同郡吉江村(現:…

山形県最上郡大蔵村【森家】

今回は嫁の母方祖母の祖母(高祖母)の実家、森家です。 高祖母・柿﨑タケノ(1883~1941)は、明治16年に森栄助(1853~1928)・マツ(1854~1925)夫妻の三女(4番目)として山形県最上郡大蔵村大字南山字木遠田に生まれました。その後、明治35年に18歳で…

鳥取県→釧路郡鳥取村【竹内家】

今回はまったく手がかりがつかめなかった嫁の祖母の母の母(高祖母)の実家、竹内家です。 竹内家に関しては、高祖父・湯谷金蔵の戸籍の高祖母・まち(1879~1959)の欄に「釧路郡鳥取村 竹内惣次郎長女」と記載されているだけで、それ以前のものは申請の1年…

宮城県名取郡志賀村【大久保家】

今回は嫁の祖母方の高祖母の実家、大久保家です。 高祖母・佐藤よの(1869~1937)は、明治2年に大久保末五郎(1830~1907)・サノ(?~?)の間に五女として生まれました。明治18年、よのが15歳で宮城県刈田郡円田村小村崎(現:蔵王町小村崎)の佐藤栄吉…

岩手県九戸郡戸田村→空知郡砂川村【岩渕家】

今回は嫁の曾祖母の母の実家、岩渕家です。 高祖母・千葉サワ(1891~1973)は嫁が生まれる5年前までは九戸でご健在だったようで、とても近い存在かと思いましたが、嫁の父も会ったことはなかったようです。 その高祖母の実家は陸中国北九戸郡戸田村(現:九…

青森県下北郡田名部村【杉山家】

今回は嫁の高祖母の実家、杉山家です。 高祖母・山田をれ(1876~1938)は明治9年、青森県下北郡田名部村金谷(現:むつ市金谷)の杉山治郎左衛門(1843~1911)・すゑ(1850~1931)の二女(4番目)として出生しました。明治29年、19歳のときに関根村の山田…

宮城県桃生郡矢本村【奥田家】

今回は母方の曾祖母の母の実家、奥田家です。この奥田家については戸籍から読み取れるものが少ない家系です。 高祖母・及川ちよみ(1871~1928)は、明治4年に奥田亀吉(1844~1921)の長女として出生。ただ、高祖母の父・亀吉は当時の戸主・奥田鉄治(1858…

東京府北多摩郡田無町【新倉家】

今回は母方の高祖父の実家、新倉家です。 高祖父・平野儀三郎(1866~1939)は、慶応2年に新倉治兵衛・フジの二男として誕生しました。出生地は不詳ですが、婚姻時の父・治兵衛の戸籍住所は神奈川県北多摩郡田無町(現:東京都西東京市田無)ですので、変わ…

福島県西白河郡五箇村【藤田家】

今回は、曾祖母の母の実家の方の藤田家です。 高祖母・藤田カメ(1872~?)は、明治5年に藤田定蔵(1840~1903)・タツ(1846~1917)夫妻の二女として生まれました。出生地は不詳ですが、確認できる最古の住所が福島県西白河郡五箇村蕪内字新屋敷(明治5年…

茨城県久慈郡生瀬村→福島県東白川郡豊里村【石井家】

今回は高祖母の実家・石井家です。 高祖母・菊地すゐ(1874~1931)は、明治7年に石井庄衛門(1837~1902)・ふゆ(1839~1909)夫妻の二女として茨城県久慈郡生瀬村大字小生瀬(現:大子町小生瀬)で生まれました。明治26年に19歳で福島県東白川郡豊里村東…

新潟県中蒲原郡上高井村→西蒲原郡味方村【小出家】

今回は、母方の祖母の母の実家、小出家です。 祖母の母(曾祖母)・皆川カツ(1904~1989)は、小出福松(1871~1937)・ノセ(1875~1964)夫妻の4人目の子供(長女)として新潟県西蒲原郡味方村大字吉江で生まれました。19歳のときに同郷の皆川征露久と結…

茨城県筑波郡吉沼村【飯島家】

ここからご紹介する家系は、私の知る限りでは北海道に来ておりません。今回は祖母の母の実家、飯島家です。 当時の茨城県筑波郡牛縊村(現:つくば市吉沼)に生を受けた曾祖母・太田ふて(1881~1940)は、明治33年に同郷の曾祖父・太田代次郎と結婚します。…

?→落部村【髙谷家】

今回で北海道にやってきた家系の紹介が最後となりますが、嫁の母方の曾祖母の父および、嫁の母方の高祖母の実家・髙谷家です。 髙谷家についてはどこからやってきたのかはまったく不明ですが、相木家の際にも引用させていただいた北方資料データベースの落部…

新潟県西蒲原郡吉江村→北村【鹿嶋家】

ずいぶんと家系をさかのぼってきまして、今回は母方の祖母からみますと父方の祖母、および母方の祖父。もっとわかりやすく書くと祖母の両親がいとこ同士でありまして、その両方の実家が鹿嶋家です。 確認できる最古の祖先が鹿嶋源之助といい、新潟県西蒲原郡…

青森県?→落部村【相木家】

今回は、はっきりとした入植元がわかりませんでしたが、嫁の母方の曾祖母の実家、相木家です。 取得できた最古の戸籍が、茅部郡落部村(現:二海郡八雲町落部)の高祖父・相木萬九郎(1848~1926)が戸主のものでした。高祖父・萬九郎は、慶応元年・17歳のと…

鳥取県法美郡荒舟村→鳥取村【湯谷家】

現在、釧路市に残る鳥取大通や鳥取北などの地名は、明治17年頃に鳥取県の士族が移住する際に用意された根室国釧路郡鳥取村に由来します。その鳥取村に鳥取県法美郡上舟村大字荒舟村(現:鳥取市国府町荒舟?)より明治24年の届出で移住したのが、嫁の祖母方…

岩手県九戸郡伊保内村→舌辛村?【千葉家】

今回は、嫁の曾祖母の実家、千葉家です。 嫁の曾祖母・山田ハルノ(1910~1939)は、釧路郡鳥取村において曽祖父・綱吉と16歳のときに結婚し、5人の子宝に恵まれましたが、昭和14年に6人目が生まれた際に亡くなったそうです。若干28歳でした。当時、流行病で…

宮城県桃生郡鷹来村→東瀬棚村【及川家】

今回は、母方の曾祖母の実家、及川家です。 曾祖母・平野とよみ(1893~1978)は私が生まれた年に亡くなったので会ったことは無いのですが、私の母は就職するまでずっと実家で同居しており、よく「とよみばあちゃん」の話を聞いたものです。厳しかったばあち…

福島県東白川郡近津村→屈斜路村【藤田家】

今回は曾祖母の実家、藤田家ですが、私は曾祖母・カツ(1896~1996)の記憶はありません。小さいときに一度会っておこづかいをもらったことがあるそうなのですが・・・。平成8年に100歳で天寿を全うしたのですが、お葬式にでた時もあまり実感がありませんで…

山形県最上郡大蔵村→釧路市【柿﨑家】

今回は、嫁の母方の祖母の実家、柿﨑家です。私の娘からすると、母母母・・・とつながる女系の系譜となります。 柿﨑家は大正5~6年頃、嫁の曽祖父・柿﨑作次郎(1902~1966)一家が、山形県最上郡大蔵村大字南山より釧路市大字釧路村西幣舞(現:知人町)に…

宮城県刈田郡円田村→釧路区【佐藤家】

今回は、嫁の父方の祖母の実家、佐藤家です。 嫁の祖母は若くして亡くなってしまったため、お会いできませんでした。でもその親戚の方々とはよく会います。とても温かい人ばかりで、さぞや祖母もこんな感じの人だったのかなぁ・・・と思うにつけ残念で仕方が…

新潟県西蒲原郡味方村→北村【皆川家】

私の直系の中だと、最もさかのぼることができるのが、母方の祖母の実家・皆川家です。 昨年、祖父にいろいろ家系のことを聞いてみると、祖母の実家はしっかりとした家系図があるとの話でした。ついこの間、私の両親とともに訪れると、祖母がなにやら筒状に丸…

茨城県筑波郡牛縊村→女満別村【太田家】

今回は、父方の祖母の実家、太田家についてです。 伯母に聞いた話ですが、大正9年頃、曽祖父・太田代次郎(1878~1962)が、茨城県筑波郡吉沼村大字牛縊(現:つくば市吉沼)より、地域の人々を先導してオホーツクの網走郡女満別村大字網走村字女満別原野(…

石川県江沼郡菩提村→落部村【森井家】

今回は嫁の母の実家、森井家です。 森井家につきましては先に調べていらっしゃる方があり、嫁の母の従弟にあたる方なのですが、関西にお住まいなので一度もお目にかかったことがありません。できたら一度お会いしてお話を聞いてみたいものですが・・・。 そ…

福島県東白川郡上関河内村【近藤家】

今までは、わりと詳細な部分がわかる家系を書き綴ってきましたが、さかのぼっていくにつれて当然ながらどんどん情報が少なくなり、調べる術もなくなっていきます。今回は、そんな遠いご先祖さまについてです。 私の5代前のご先祖さま・菊地儀平ですが、1844…

青森県下北郡田名部村→鳥取村【山田家】

今回は嫁の実家、山田家です。 山田家に関しては、嫁の父も元々はどこから来たのかは知らなかったようで、「山田家のルーツを調べてみたい」と言ってみたところ、わりと乗り気なのでした。 山田家はわりと簡単にわかりました。嫁の祖父が暮らしていた鳥取村…

東京府北豊島郡小榑村→利別村→斜里村【平野家】

今回は、私の母の実家、平野家です。 北海道での平野家の歴史は、私の高祖父・平野儀三郎(1866~1939)が一家(妻いちと5男1女)で東京府北豊島郡大泉村大字小榑(現:練馬区西大泉)より道南の利別村メップ(現:今金町)に入植したことにより始まりました…

福島県東白川郡豊里村→屈斜路村【菊地家】

まず、私の姓である菊地家についてです。 北海道での菊地家の歴史は、私の高祖父・菊地幸吉(1874~1959)が一家(妻スイと4男1女)で福島県東白川郡豊里村大字東舘字舘本(現:矢祭町)より屈斜路村(現:弟子屈町)の和琴半島付近に入植したことにより始ま…