読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

山形県最上郡大蔵村→釧路市【柿﨑家】

今回は、嫁の母方の祖母の実家、柿﨑家です。私の娘からすると、母母母・・・とつながる女系の系譜となります。
柿﨑家は大正5~6年頃、嫁の曽祖父・柿﨑作次郎(1902~1966)一家が、山形県最上郡大蔵村大字南山より釧路市大字釧路村西幣舞(現:知人町)に移住したのが最初のようです。その父、柿﨑運次郎(1878~1943)も後に釧路に移住したようです。
山形の柿﨑家については、大正4年の大蔵村役場の火災によって書類が失われているようでしたので、かなり情報が少なくなってしまいました。
確認できる最古の方が柿﨑権兵エという名で、養子として柿﨑五三郎の三男・柿﨑権兵衛(1846~1929)を迎えます。さらにその養子・権兵衛の妻は、柿﨑兵三郎の二女・マサ(1848~1934)という方でした。その長男が高祖父・運次郎です。他にも柿﨑姓が多く見受けられます。
当時の南山村は、おそらく柿崎という家が多く集まっている村であったようで、インターネットで調べてみると現在も柿崎という名前が多く見られます。きっと元になった祖先の方がいるのではと思い調べたところ、
http://mogami-kyoboku.sca.ac.jp/guid.php?no=76
との記述がありました。これは上杉謙信の家臣・柿崎景家のことかと思いますが、もちろん推測でしかありません。でもこういう言い伝えがあるとロマンを感じずにはいられないのです。でも、恐らく現地に行ってもどこの家が本家かわからないかもしれませんね。家紋に違いがあればわかるかもしれませんが・・・。
<柿﨑家直系系譜>
柿﨑権兵エ→養子:柿﨑権兵衛→長男:柿﨑運次郎→長男:柿﨑作次郎→長女:祖母・・・。
家紋:丸に隅立て四つ目結

f:id:dotouttan:20140519065814g:plain