真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

山形県最上郡大蔵村【森家】

今回は嫁の母方祖母の祖母(高祖母)の実家、森家です。
高祖母・柿﨑タケノ(1883~1941)は、明治16年に森栄助(1853~1928)・マツ(1854~1925)夫妻の三女(4番目)として山形県最上郡大蔵村大字南山字木遠田に生まれました。その後、明治35年に18歳で同郷の柿﨑運次郎と結婚し2男5女をもうけ、昭和6年以前に釧路市に一家で移住しました。
その高祖母の実家、森家で確認できた最古が栄助の祖父・森長右エ門でした。しかし、その長女・キヨ(1829~1893)の夫も森長右エ門という名であり、たまたま?養嗣子となり改名?いろいろ推測できますが・・・。その森家は長男・森栄助とその叔父・森新次郎(1840~1914)がともに家を守っていたようです。その次代は栄助の長男・森徳次郎(1876~?)が継いでおりますが、現在はどうでしょうか・・・?
<森家直系系譜>
森長右エ門→森長右エ門→長男:森栄助→三女:森タケノ(柿﨑タケノ)・・・。
家紋:不明