読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

陸中国北九戸郡長興寺村【小野寺家】②

先日、fusuiさんより陸中国北九戸郡長興寺村【小野寺家】にコメントを頂きました。ありがとうございます♪ とても近い方のようです。せっかくですので少し小野寺家のことを掘り下げてみたいと思います。 私がわかる限りのこと+千葉家より伺った口伝千葉家の系図に記されていた事をまとめると、 江戸時代、陸中国九戸郡小倉村沢口に住んでいた庄九郎(私が入手した戸籍上:千葉系図には荘九郎という名が記載されており、同一人物だと見ております)という人がおり、この方は、嫁の曾祖母の実家の千葉家が嘉永3年に分家した際の立会人として「親戚 大沢口ノ当主」と記載がありました。 この庄九郎の二男・辰之助(1808~1888)は、後に分家して長興寺に移り、この家より曾祖母の祖母・ソヨ(1871~1949)は千葉家に嫁いだようです。 また千葉系図によると、嫁から11代前の千葉家の祖先・治助(1736~1781)は、代々別当職を継いでいた千葉家の中では珍しく別当を務めず、造り酒屋を営んで富を得、数度の飢饉の際には施米して大変感謝されたそうですが、その妻は「伊保内 小野寺弥太の娘」と記されており、fusuiさんのご先祖様と何か関連を感じさせます。小野寺家より、何か引き継いだりしたかもしれません。 残念な事に、屋号までは記述がなく、核心には至らないところですが、かなり遡ると(嫁と)共通の祖先に至るのかもしれません。でも大沢口ってどこなんでしょう・・・?