真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

玉砕・・・!

前回、祖母の実家である太田家について大きな収穫を得、久しぶりに勢いに乗ったように感じまして、今日もまた違う家にコンタクトを取ってみることとしました。

その家は、母方の曾祖母の実家である及川家

 

以前除籍謄本を取得して調査していた際、曽祖母である平野とよみ(1893~1978)の兄・及川隆(1889~1947:高祖父である及川清之進の長男)の二男のお名前を道南・瀬棚郡今金町の電話帳で見つけていました。この方は、母方祖父のイトコにあたりますね。

 

本日お電話してみたところ、その電話帳に名前があった方は17年前に亡くなっていたことが判明。がび~ん。でも1919(大正8)年の生まれだから、ほぼ予想はついてましたが・・・。

もう、家にそういったことが判る人は居ないです・・・、とのご返事でした。

 

一応家紋も伺ってみましたが、「無いです!」と・・・。あっさり電話を切られてしまいました。

 

聞き方が悪かったかなぁ・・・、どう切り込んでいけば良かったかなぁ・・・と、その後は幾度となく頭の中でシミュレーションしていました。後の祭りですけど。

やっぱりいきなり電話で・・・というのはなかなか難しいものがありますね。

結局は相手の方によりますが。

 

いずれ、改めてお手紙で今回の非礼を詫びて、情報提供をお願いしてみよう。

ここでくじけてたらダメだ!家紋くらいはお盆に目にすることがあるだろうし!

 

ちなみに及川家は明治30年代に、現在の宮城県東松島市矢本から入植しています。

東松島といえば、昨年の震災で大打撃を受けた地。そちらにはまだコンタクトを取る度胸がありません・・・。

 

話は変わって、明日から3日間は釧路市最大のお祭り「港まつり」です!

冷涼な気候(予報では毎日20℃以下)の中で、さまざまなイベントが行われます。

私自身は今年はイベントに関係ないんですが、とりあえずテキ屋さんで大好きな「東京ケーキ(わかもと入り)」か、

これ

f:id:dotouttan:20140409063352j:plain

を買ってこないと!

ところで東京ケーキって全国区なんだろか?