真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

あぁ、これでホントに最後の地籍簿

以前、ご提供いただいた情報のうち、これが最後の地籍簿となってしまいました(*´Д`)

曾祖母の実家のあった福島県東白川郡下山本村字松原(現:棚倉町)。

ここは、高祖父・藤田松吉(1853~1937)が西白河郡千田村から明治20(1887)年に転籍した地。

そして、松吉の妻・カメ(1872~1942)の母・藤田タツ(1846~1917)が西白河郡蕪内村から移り、おそらく娘夫妻と同居していた地。

今のところは千田蕪内の両藤田家については、つながりがわからないので2系統と考えていますが、もう少しさかのぼることができればもしかすると同じ系統になるかもしれません。

 

その松原の明治20(1887)年ころの宅地所有者が以下となっています。

所有者 総坪数
乾源藏 352
金澤利作 330
田村弥市兵衛 308
乾芳藏 270
田村金四郎 264
小林喜四郎 226
堀懿負起 207
藤田喜重 184
加藤教藏 162
藤田林藏 161
乾源吉 157
渡邊直一 156
増子初吉 126
松下大次郎 123

松吉が移住した地番の所有者は、藤田林蔵さん。

同姓ですが、戸籍には出てきていない人物です。

そして、この地は旧土地台帳と地籍簿の編纂時期が異なるのか、旧土地台帳では明治45(1912)年時点で藤田松吉が所有権保存というのが最初となっています。

f:id:dotouttan:20180227065701j:plain

そして大正7(1918)年に手放したのち、再度取得しているみたいです。いつなのかが読み取れませんが、おそらく屈斜路入植後なのではないかと・・・。

松吉の後に所有権移転となっている藤田クニさんも、戸籍上未登場。また謎の登場人物が!

10年経っても、まだまだ未解決な事案が増えてきますね(;'∀')