真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

陸前国名取郡志賀村【佐野家】

今回は嫁の祖母方の高祖母の父の実家、佐野家です。
高祖母の父・大久保末五郎(1830~1907)は、天保元年に陸前国名取郡志賀村(現:宮城県岩沼市志賀)の佐野直吉の五男として生まれ、同じ志賀村の大久保留治の娘・サノの婿養子として迎えられます。その後サノとの間に2男3女、またサノが若くして先立ってしまった後、柴田郡芦立村(現:?)の斎藤治右エ門の三女・よし(1846~1909)と再婚。2男を授かりました。
佐野家は、戦国時代は下野国に大名として在ったようです。佐野姓は宮城の名取地方にはあまり多くないようですが、柴田郡柴田町には佐野という地名があるようで、関連があるかどうか・・・?
<佐野家直系系譜>
佐野直吉→五男:佐野末五郎(大久保末五郎)・・・。
家紋:不明