真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

ちょびっとだけ

自分の家系について、さいきんアクションを起こせていないためにまったく進展がありません。 ネタがないけど欲求不満だったことから、同僚に頼み込んでむりっくり市内の除籍を遡ってもらいました。これってなんとかハラスメントかしら? そうすると、彼女の…

渡辺宗貴センパイからの贈り物(#^.^#)

先日、釧路市白樺台の同郷で、現在は札幌にて家系図作成代行センターを切り盛りしている渡辺宗貴センパイに、当ブログをご紹介いただいたのですよ。 familytree-blog.com そんな光栄な・・・と思いながらも、遠慮なくお願いをしたわけですが、渡辺さんがなんに…

明治42年、釧路最古の電話帳

明治42(1909)年、釧路にも電話が開通しました。 遺されていた最初期の電話帳を、勝手にデジタル化。 屋号は表現できなかったので、ある文字でなんとなく再現しています。 電話 番号 住所 氏名 備考 1 洲崎町 釧路町役場 2 真砂町49 釧路興業㈱ 海運業 3 茂尻…

除籍の80年廃棄と樺太移住のコンビネーション

家系のインデックス 妻の祖母は、その父・佐藤今朝二郎(1892~1963)と母・みよ(1903~1991)が昭和5(1930)年頃に北海道から樺太元泊郡知取町北遠古丹に渡ったのち、昭和6(1931)年に同町大鵜取で生まれています。 無事に樺太時代を乗り切り、戦後は釧路市に戻っ…

つれづれなるまま戸籍名

これまで100通をはるかに超える量の戸籍を取得してきまして、その中には名前という重要な情報が記載されているわけです。 ここに記載されている名前ですが、江戸期の人物ですと、明治初頭に戸籍制度ができた時に役場に届け出た名前となっています。 この戸籍…

興奮の極みだったが・・・何か変(;・∀・)

家系のインデックス お、落ち着いて聞いてください(大げさ)! 私の知る限りである菊地家の最古の戸籍。 この除籍謄本はいままで幾度となく載っけていますが、私の高祖父のさらに父・菊地儀平(1844~97)が戸主のものです。 いままで、儀平の実家・近藤家や儀…

柿﨑家について、久しぶりに考えてみる

家系のインデックス 説明:現在明治8(1875)年、苦渋の末の結論としてなされた措置が、沼の台の学校を南山学校の本校とし、塩と肘折の学校を分校として1本校、2分校という態勢での「南山学校」の正式開校ということであった。本郷塩の戸長柿崎弥左衛門と、…

釧路市白樺台の先輩、渡辺宗貴先生によるステキ本

家系のインデックス 私の父は北海道開発建設部に勤めていた国家公務員でした。 とっくに退職していますが、1970年に就職してから私が14歳の1993年までは釧路(途中で根室にも)で勤務していたのです。 転勤がある職場なので、2000年に函館で中古住宅を買って…

青森県むつ市関根小学校百周年記念誌

家系のインデックス 妻の実家である山田家は、高祖父・菊松(1875~1934)の代であった明治38(1905)年ころに青森県下北郡田名部町大字関根字高梨川目(現在の青森県むつ市内)より、北海道釧路郡鳥取村ヒラトマナイ(現在の釧路市北斗)へ入植。 いちどはその土…

飯島家と牛縊

家系のインデックス 昨年10月にお世話になった、曾祖母の実家であるつくば市上里の飯島家。 つくば市になる前に発行された豊里町史を読んでいると、以下のような記述を見つけました。 『元禄之時宇、仙台領ニ入ル、吉沼五千石之領中ニ入ル也、文禄之検地之石…

委任状にかけろ!

家系のインデックス 先月、矢祭町を訪れた際にいちばん勇気を出したこと。 それは私の直系ではない(直系と証明できない)除籍謄本請求のために、菊池家の本家と思しき方に委任状を書いていただくことでした。 それにより、ウチの祖先との繋がりが見いだせるか…

北海道150年

家系のインデックス 来年は、北海道が明治2(1869)年に「北海道」と命名されてから150年という記念の年です。 それまでは渡島(わたりしま)だとか、蝦夷地(えぞち)と呼ばれていたようで、アイヌ民族の島でした。 アイヌとは、アイヌ語で「人間」という意味…

父系についての悩むの巻

家系のインデックス 私(菊地家)の父系をさかのぼっていくと、 私 ← 父 ← 祖父幸松 ← 曽祖父幸太郎 ← 高祖父幸吉 ← 近藤家からの養子儀平 ・・・となっております。 ひいじいちゃん幸太郎までが福島(現:矢祭町大字東舘)で生まれており、幸吉一家が大正2(191…

10年ぶり&初めまして

家系のインデックス 2018年10月26日。 かねてより計画していた「ANCESTRAL QUEST」発動。 菊地家は15時過ぎのフライトで、釧路から羽田に飛びました。 今回の探求対象は以下の赤文字の部分。私の父方の系統ほぼすべてです。 初っ端の目的地はつくば市。 つく…

昭和45(1970)年10月の国勢調査からみた矢祭町の苗字

家系のインデックス 昭和46(1971)年の「広報やまつり」に、興味深いデータが掲載されていました。 前年に行われた国勢調査の結果からみた、苗字のデータです。 このころはギリギリだれの戸籍でも閲覧できた時代。 こういったデータは、今となっては自治体で…

祖先の故郷をたどる旅に向けて

家系のインデックス いつの間にか地震の影響が落ち着いてきています。 私の住む釧路市は、地区によってばらつきがありながらも、自宅は地震の翌日金曜日19:42に停電から復旧。 今日くらいから、物流もそれなりに流れ始めています。 震源地付近はまだまだ日常…

非日常

9月6日午前3時8分、北海道胆振東部を震源とした最大震度7の大地震が発生。 震源に近い厚真町、安平町、むかわ町、そして空港のある千歳市、大都市である札幌市に大きな被害発生。 震源となった厚真町にある北海道最大の火力発電所が機能をストップ。 道内各…

お盆なので菊池家祖先について再考してみる

家系のインデックス 世の中は今日からお盆! ・・・ですが、ことしは家からご先祖さまに思いを馳せているところです。 その中で、私の姓でもある菊地家。 未だに祖先、そして本家を探し出せないままでいます。 菊地聖也(1978~) ↑ 長男 父(1951~) ↑ 五男 …

新たなトライ

家系のインデックス 妻の母方である森井家。 昭和10年代に釧路市に来る前は、現在の八雲町東野や野田生あたりに住んでおりました。 そして八雲に残っていた最古の戸籍によると、明治26(1893)年に石川県江沼郡那谷村菩提から転籍ということで、現在の小松市菩…

荷軽部のご先祖の姓について、またまた

家系のインデックス う~む。もう10年以上経つのに、未だ進展をみない妻の父の父の母の父の母の父の母の実家の姓。 このハルさんは、文化11(1814)年に現在の岩手県久慈市山形町荷軽部に生を受けます。そして弘化2(1845)年、31歳の時に長男・亀吉が誕生して…

矢祭出身の有名人PARTⅡ

家系のインデックス 私の祖先の地である福島県東白川郡矢祭町。 何度もしつこいようですが、菊地家の祖先は大正2(1913)年に当時の豊里村東舘舘本より北海道川上郡屈斜路村へ入植してきました。 その矢祭ですが、かつて同郷?の有名人として「あばれる君」が…

帰省がてらの家系探求

家系のインデックス 5月3日から6日まで、久しぶりに函館へ帰省。 最近は妻の社会復帰や娘の部活でなかなか遠出が出来ず、函館への帰省も丸1年ぶりとなりました。 3日は妻の仕事が終わってからだったので、14時半ころに釧路を出発。 十勝平原と樽前での…

きょう

現在3台のクルマがある我が家。 1台はステップワゴン。壊れたヴォクシーからおととしレンタカー3年落ちの個体へと乗り換えました。 実家の家族全員で乗れることが大前提なので、8人乗りは必須です。 2台目は軽四のステラ。主に妻の通勤や子どもの送迎に…

ヤクルト風張、プロ入り初勝利!

家系のインデックス きのうのヤクルトx巨人戦は乱打戦となりました。 そんな試合で勝利投手となったのは、プロ入り4年目、岩手県九戸村長興寺出身の風張蓮(かざはり・れん)! おそらく、妻のひいばあちゃんの実家である千葉家の近所で育ったのではないか…

じいちゃんとか平野家についてとかのなんやかんや

家系のインデックス 母方平野家のじいちゃんが居なくなってから半月。 そろそろ心の整理もついてきたので、重い腰を上げてここ最近のお話を綴ってみようかなと。 平野家の調査について、数年前からずっと鍵になるであろうと思っていた本がありました。 その…

平野政次、逝去。

家系のインデックス さきほど10時35分、 母方祖父である平野政次、満96歳にて逝去。 最後に会ったのは、昨年1月4日の正月休みのとき。 その後は、娘の部活や妻の仕事でタイミングが合わず、盆も正月も行けずにいました。 こんなに行かなかったことは今までな…

屈斜路開拓時のようす

家系のインデックス 昭和57(1982)年、屈斜路開拓から80周年ということで、この年は記念事業が多く行われたようです。 明治35(1902)年が屈斜路(現:北海道川上郡弟子屈町屈斜路)開拓の始めとされているのですね。 菊地家の高祖父一家が屈斜路御料地へ入植し…

祖父のアニバーサリー!

家系のインデックス きょう3月6日は、 母方祖父である平野政次、96歳のバースデー!!! 戌年生まれなので、今年が8回目の年男ですよ(#^.^#) 大正11(1922)年、北海道斜里郡小清水村生まれ。 昭和10(1935)年、樺太の恵須取町布札に移住。 昭和14(1939)年、「…

藤田家について混乱する

家系のインデックス 家系を探求していくにつれて、この10年間で、今のところ3系統の藤田家が出てきたわけです。しかもいずれも福島県白河地方。 一つ目は、高祖父の祖母である菊地ヤス(1813~99)の実家・東白川郡東舘村(現:矢祭町東舘)。 二つ目は、曾祖母で…

元禄7年、越後蒲原郡吉江村検地帳

家系のインデックス 先月3日、釧路中央図書館がオープン、さっそく相互貸借で母方祖母の実家・皆川家の本貫地である「味方(あじかた)村誌」を取り寄せていただいて舐めるように読んでいたのですが、残念ながら祖先についての事項を見つけることはできませ…