真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

宮城県桃生郡矢本村【奥田家】

今回は母方の曾祖母の母の実家、奥田家です。この奥田家については戸籍から読み取れるものが少ない家系です。
高祖母・及川ちよみ(1871~1928)は、明治4年に奥田亀吉(1844~1921)の長女として出生。ただ、高祖母の父・亀吉は当時の戸主・奥田鉄治(1858~1921)の継父として記載されております。元々は宮城県柴田郡村田本郷(現:村田町)の安田長三郎の二男・安田亀吉であり、宮城県桃生郡矢本村上新沼(現:東松島市矢本上新沼)の奥田寅蔵(鉄治の祖父)の養子との記載がありますが、入家が婿養子としてなのか?それとも養子としてなのか?妻が戸籍に居らず判断できませんでした。
戸主・鉄治の父は奥田傳吉という名で、亀吉とは養兄弟の間柄だと思います。
本家は鉄治の長男・奥田亀之進(1879~?)の子孫の方が継いでいると思われますが・・・。
結局、高祖母・ちよみの出生については全くわかりませんでした。
<奥田家直系系譜>
奥田寅蔵→養子:安田亀吉(奥田亀吉)→長女:奥田ちよみ(及川ちよみ)
家紋:不明