真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

福島県西白河郡五箇村【藤田家】

今回は、曾祖母の母の実家の方の藤田家です。
高祖母・藤田カメ(1872~?)は、明治5年に藤田定蔵(1840~1903)・タツ(1846~1917)夫妻の二女として生まれました。出生地は不詳ですが、確認できる最古の住所が福島県西白河郡五箇村蕪内字新屋敷(明治5年当時は蕪内村。現:白河市東蕪内新屋敷)です。
明治26年、21歳のときに東白川郡近津村下山本(現:棚倉町下山本)の19歳年上の藤田松吉と結婚し、曾祖母・カツを含む1男4女をもうけます。大正2年、41歳のときに北海道川上郡屈斜路村(現:弟子屈町屈斜路)に一家で入植。その後の消息は確認できておりません。
蕪内の藤田家については、大正6年に高祖母の母・タツが没した場所が二女・カメが嫁いだ近津の藤田松吉の家の住所であるようですので、定蔵の没後は蕪内の本家の跡を継いだ長女・リヨ(1867~1911)の婿養子・藤田忠吉(元は角田忠吉:1861~1944)一家に託し、近津に移住したようです。それをふまえると二女・カメの夫・松吉は元々親族?ということも推測できますが・・・。
<藤田家直系系譜>
藤田定左エ門→長男:藤田定蔵→二女:藤田カメ・・・。
家紋:不明