読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣に家系探求

何かの縁で北海道に集まってきた祖先の歴史を少しづつ紐解いていきます。

磐城国白河郡蕪内村【岡部家】

今回は曾祖母の母方の祖母の実家、岡部家です。
曾祖母の祖母・藤田タツ(1846~1917)は、弘化3年に磐城国白河郡蕪内村(現:福島県白河市東蕪内)の岡部弥七の二女として誕生しました。その後同じ蕪内村新屋敷の藤田定左エ門の長男・藤田定蔵(1840~1903)に嫁ぎ、確認できたところだけですが4男2女の子宝に恵まれました。
明治36年に夫・定蔵の未亡人となってから、私の高祖母にあたる二女・藤田カメ(1872~?)の嫁ぎ先である東白川郡近津村下山本字松原(現:棚倉町下山本字松原)の藤田松吉家に二男・藤田延太郎(1880~?)とともに移住。大正2年に二女・カメ夫婦は北海道に渡ってしまいましたが、タツはその地で71年の人生を終えました。
タツの実家の岡部家については、岡部弥七という名しか確認できませんでした。
<岡部家直系系譜>
岡部弥七→二女:岡部タツ(藤田タツ)・・・。
家紋:不明